設計部長の独り言 Epi,14

スタッフブログ

設計部長の独り言 Epi,14

函館市某所 M様邸 工事進捗状況

 

 

建込みも終わり、外観があらわになりました。

 

外壁には防湿透水シートが張られ、外装下地材が施工済みです。

 

現在は内部の施工を進行させている状況です。

 

 

 

現在の内部の状況です。電気工事で隠蔽される配線を施工中です。

 

北海道の建物は、冬のその寒さから、いかに省エネの建物を造るか。所謂内部で暖めた熱をいかに外に漏らさないかという事が重要となります。

 

この建物は2×4工法(枠組壁工法)と呼ばれる工法で、特に気密性を重要視した工法とも言えるかと思います。

 

 

どのメーカーでも同様の手法は取り入れておりますが。写真の矢印が示している黄色いビニール。これは気密シートというもので、下図の様に巻き込まれて施工されています。

(図)    ―――

   _|  |_

 

柱状になる部分もしっかり気密を確保する為に、写真の様に重ねしろを残して先に施工(先張りシートという)しています。この後、断熱材が入りそれを抑える様に全体に気密シートを張る際、この重ねしろと重ねて施工する段取りとなっているのです。

 

これで室内の空気は完全に密閉されて、換気での空気の入れ替え以外に外部に漏れ出る事はありません。

 

 

少々専門的な話になってしまいましたが、手間がかかる作業ながらも拘って施工しているという箇所をご覧頂きたく、この度ご紹介させて頂きました。

 

 

◎戸建賃貸経営◎ローコスト住宅◎新築省エネ住宅◎

 

ローコスト新築住宅(函館市、北斗市、七飯町、道南地域)

 

北の国建築工房株式会社   

 

北海道北斗市東前3−153

 

無料相談フリーダイヤル      

            リ ショ ク      フ ク リ
0120−049−290まで!

 

公式ホームページ http://www.kitanokuni.co.jp

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆