設計部長の独り言 Epi,18

スタッフブログ

設計部長の独り言 Epi,18

 

蒸し暑い日々が続きますね。

 

私が住む所は完全な住宅地の中で、夜になると風が止んでしまい窓を開けっぱなしにしていても全く風の入ってきません。

 

エアコンも無いので、唯一扇風機の風だけが頼りです。

 

こういう時、意外と海沿いや山奥では自然と風があり、涼むには適しています。海沿いに建つ家に住む人によく聞きますが、夜になれば肌寒さすら感じる事もあると言います。

 

暑さに耐えきれなくなった時は夜釣りにでも出掛けようと常に道具を車に積み込んで準備万端にしているのですが、暑さのせいか、つい出掛けるのもダルくなってしまってただただ家で汗を流す日々を送っています。

 

 

私は部屋で扇風機を使っていますが、最近は扇風機よりサーキュレーターを使う方が徐々に増えている様です。

 

 こういう形状のもの。ホームセンターでよく見かけますね。

 

サーキュレーターとは、扇風機が直接身体に風を当てて納涼を得るものであるならば、直進性の高い風を発生させて風の循環を作り出すものです。

 

サーキュレーターは風が強く、扇風機の様に直接身体に風を当てるには適しませんが、風の循環を作り出す事で室内の温度を一定に保つ効果が期待できます。

 

簡単な話をすれば、沸かした浴槽の様にひとつの箱の中で暖かい空気は上に上がり、冷たい空気は下に下がってくるという科学的現象を無くする道具という事ですね。

 

従ってサーキュレーターのみを使った場合には、納涼を得る為にはならないという事が言えます。

 

そもそもサーキュレーターは、夏場の冷房・冬場の暖房と併用して使用する事でその効果を発揮し、無駄に光熱費を使う事の無い様にするには非常に優れている道具と言えます。

 

住宅でよく使うケースとしては、1階から2階まで吹き抜けている様な間取りの時には非常に重要なものとなります。

 

この暑い中、その機械の特色をしっかりと理解した上で購入を検討しましょう。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◎戸建賃貸経営◎ローコスト住宅◎新築省エネ住宅◎

 

ローコスト新築住宅(函館市、北斗市、七飯町、道南地域)

 

北の国建築工房株式会社   

 

北海道北斗市東前3−153

 

無料相談フリーダイヤル      

            リ ショ ク      フ ク リ
0120−049−290まで!

 

公式ホームページ http://www.kitanokuni.co.jp

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆