『メンテナンス』

スタッフブログ

『メンテナンス』

設計部長の独り言 Epi,30

 

 メンテナンスって本当に大事だなって思う今日この頃。

 

 自身の身体のメンテナンスを怠って来た事でどんどんと丸くなっていく顔とお腹。学生時代はあんなにスポーツ等身体を動かす事が大好きで、私の学生時代の唯一の自慢は、中学校入学時から高校卒業時まで、体育のみオール5だった事。

 

 社会人になって、事務所で座学がメインとなる仕事に就いた後、全く身体を動かす機会が無く、少しずつ少しずつそのお腹に蓄えを貯蓄していった感があります。

 

 当時勤めていた会社の都合で、私は戸建住宅の販売会社から分譲マンションの工事現場へ、ゼネコン会社に現場監督手伝いとして現場の事を勉強する為、完成までの1年半程出向した事がありました。運動不足の身体に15階建て高層マンションの建設現場は正直応えました。最初のうちは右も左も分からない所へ放り込まれ、出来る事と言えば雑工として現場の補助的な仕事をする事位。

 

 3~4mの単管を肩に担いで運んだり、大きめの学校のグラウンド以上に広い現場のゴミ拾いや、土を掘って水が湧いている所の湧水の排水処理等……挙げだせば本当にきりがないですが、様々な事をやって終日かなりの歩数歩く結果になりました。

 

 お陰様で何も分からないなりに憶える事も多く、食事も普段の倍以上食べる様になったにも関わらず、ぜい肉は筋肉へと姿を変え、体重も2週間程で8キロも落ちました。今思い返しても、あの時は本当にいい経験が出来たと思っています。

 

 1カ月程してからは現場監督の補佐としての業務をするようになり、各所の写真撮りや現場各所の確認、コンクリート打ちの際の工程確認などこれもスキルが上がる業務を覚えられました。出向先の会社の現場事務所内でも非常に良くして頂き、マンション完成と共に自社へ帰ったのですが、前のように座学メインの業務に戻った途端、これまた2週間で10キロも戻ってしまった事は、未だに悔やまれる失敗です。

 

 

 ……さて。私の身体の事などどうでもいい事ですし、ここからは建物のメンテナンスに関する事を書こうと思います。

 

 住宅を新築する際に建て主様が自由に使用する材料をお選び頂けますが、その内のひとつに“外装材”があります。

 

 

 外装材を考えた時、種類としては一般的に最も安価である窯業系サイディング、屋根板金と同材であるガルバリウム鋼板(一般に言う板金仕上)、窯業系サイディングより耐久性があると言われる金属サイディング、メンテナンスフリーと言われる乾式タイル、場合によってはモルタル仕上(後に塗装で仕上となる)、南欧風の建物等に多用されるジョリパット(塗り壁)、コンクリート打放し仕上と、工法だけでもこれだけ多様に存在します。

 

 その中で最も採用される事の多い窯業系サイディングについてお話しすると、昔から一般的に大体10年に一度、外壁の塗り替えが必要となるという風に私自身お客様には説明しています。石の板に施されている塗膜の耐久性がおおよそその位で、サイディングの元であるその石板を守る意味で、その保護効果のある塗装をするというのが外壁に必要なメンテナンスとなるのです。

 

 

 石板を保護する=外壁を守るという事は、自ずとそのまま建物の躯体(骨組み)を守るという事になります。今の建物は大半昔と違って、メンテナンスをしっかりと行う事で躯体自体は100年でももつと言われています。逆にこれを怠ると、建物の寿命はぐっと縮まってしまいます。

 

 外壁の塗替メンテナンスを行う際には、屋根板金と外装材に施工するコーキングの遣り替えも一緒にやってしまう事で、外部足場の費用が一度だけで済んでお得な為、工事費用は多少高くなってしまいますが一括で工事するケースが多く感じますし、私もそうおすすめします。

 

 ただ弊社で標準採用している外装材は、一般の外装材より強い塗膜の商品を使っている為、10年どころか倍近くもつものです。しかし屋根板金もコーキングも雨水侵入等の防止にはメンテナンスは必要であり、間を取って15年ほどで一斉に行うのが良いと、弊社の商品についてはおすすめしています。

 

 車などと同じで、手を掛ければかける程長持ちするという事は、よくよく覚えていてほしいです。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◎戸建賃貸経営◎ローコスト住宅◎新築省エネ住宅◎

ローコスト新築住宅(函館市、北斗市、七飯町、道南地域)

北の国建築工房株式会社   

北海道北斗市東前3−153

無料相談フリーダイヤル      

    リ ショ ク      フ ク リ
0120−049−290まで!

 

公式ホームページ http://www.kitanokuni.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆