2016年12月のブログ

スタッフブログ

2016年12月のブログ

設計部長より

 

 

『も~~い~~くつね~る~と~~♪』

 

 

 

今年ももう残り僅かとなりました。師走の忙しい中、

 

皆さん年賀状は書き終わりましたか?

 

少し早い様な気もしますが、本年も皆様にはこのブログや動画をご覧頂き、誠にありがとうございました。

 

冬期間の弊社の予定ですが、今月28日より来年1月5日まで冬期休暇となりますので、こちらでご案内させて頂きます。

 

来年も今年以上に品質の向上、管理に力を入れていくとともに、より建築を計画している皆様に分かりやすく情報提供が出来る様、頑張っていきたいと思いますので、何卒これからもよろしくお願い致します。

 

短くはありますが、本年最後のご挨拶とさせていただきます。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◎戸建賃貸経営◎ローコスト住宅◎新築省エネ住宅◎

 

ローコスト新築住宅(函館市、北斗市、七飯町、道南地域)

 

北の国建築工房株式会社   

 

北海道北斗市東前3−153

 

無料相談フリーダイヤル      

            リ ショ ク      フ ク リ
0120−049−290まで!

 

公式ホームページ http://www.kitanokuni.co.jp

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

店長より

 

 

北斗市押上工事着工となりました。

 

 

地盤調査の結果杭打ち工事となりました。

 

 

 

 

 地盤調査はなぜしなければいけないのかと
言うと、平成12年の建築基準法改正、同じ
く12年の品確法の施行により決められた事
だからなのです。

住宅品質確保促進法(品確法)の具体的な内
容として暇疵担保責任の強化・住宅性能表示
制度の整備とあります。

さらに「地盤の状況を配慮しない基礎を設計
、施工した為に不同沈下が生じたような場合
には、基礎の瑕疵として本法の対象となる」
とされています。

なので、もしも地盤調査を実施しなかったり
、実施しても、その結果に応じた地盤補強対
策を行わなかったことが原因で、基礎に不具
合が生じた場合は瑕疵担保責任が発生します。

万が一、地盤トラブルが起これば、施工した
建築会社にとっても多額の補修費と信用失墜
という計り知れないダメージが及びますから
、地盤調査と必要な補強対策は、必ず実施さ
れるようになりました。

施工側だけではなく、当然そこに暮らす施主
にとっての危険と精神的苦痛は耐えきれない
ものになるでしょう。

この様なことから当社では、瑕疵担保保険に
必ず加入し、適切な地盤調査を行い、適切な
地盤改良を行っております。

少し難しい話しにはなりましたが、
今回はこの辺で!

 

工事もどんどん進行していますので、

今後も進捗状況をどんどん更新していきます!!

 

お楽しみに!!

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◎戸建賃貸経営◎ローコスト住宅◎新築省エネ住宅◎

 

ローコスト新築住宅(函館市、北斗市、七飯町、道南地域)

 

北の国建築工房株式会社   

 

北海道北斗市東前3−153

 

無料相談フリーダイヤル      

            リ ショ ク      フ ク リ
0120−049−290まで!

 

公式ホームページ http://www.kitanokuni.co.jp

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

解体工事現場紹介

設計部長より

 

朝。今日は休みだし、家でゆっくりして明日からの仕事のために英気を養おうかとゆっくり寝ていた所、灯油が無くなったと騒ぐ家族。

 

家は両親共身体障害者で、重い荷物を運んだりするのはいつも私がやっています。しかし私が布団から出てこない為に父が物置から備蓄用の灯油タンクを1缶運ぼうとした時、やってしまいました。ぎっくり腰。

 

皆さんぎっくり腰って経験ありますか?私も一度だけ経験した事があります。

 

私の場合は明確に理由を挙げられない位、いつの何がきっかけなのか分からないまま、きっと靴下でも履こうとした時にやったのでしょうね。

 

……んな話べつにどーでもいいんでしょうが、ひとつ皆様に伝えたかったのは、最近の冷え込みにより身体が冷えて凝固まっている状態で、無理な事はしない様にしましょうという事です。

 

同じ様な状況で、若くてもギックリやってしまったっていう人が結構多いと、整形の先生が言っていたそうです。

 

さてさて。今日は休日で1軒現場の進行状況だけ確認に行こうと考えていた現場に、車で送って貰おうかと考えていたのにあてが外れてバスに乗って行ってきました。

 

日曜日という事と、お歳暮シーズンで非常に混みあっている中、大幅にバスの到着時間も遅れながらに現場に到着。

 

本日は、売家を取壊して新築計画を立てている物件の解体工事進行状況を確認に行ってきました。

 

 

 

何とも私なんかは解体現場を見ると、今までそこで生活されていた家庭があったのだという事。様々な事情があって、一生に一度の買い物と言われる住宅が徐々に壊れていく様を見て、なんとなく感慨深くなったりしてしまいます。

 

とは言え、我々の職業柄、こうして土地・建物での販売をしていて、上屋を壊して更地引渡しというケースは多々あります。

 

 

 

解体現場を見て皆様に知っておいて頂きたいポイントがひとつ。もし今後家の解体などに係る事がある際(例:建て替えなど)に参考にして頂きたい事として、解体現場にある産業廃棄物。要はゴミについてお話したいと思います。

 

解体工事を見積する際、何に費用が掛かるのかと言えば、当然作業員の人工賃や機械使用料などが想像されると思いますが、近年で一番額が大きくなっているのは、この産廃の処分料になります。

 

家庭ごみ同様、建築工事で出る産業廃棄物も分別が非常に細かく分けなければなりませんし、処分自体にかかる費用も高くなっています。

 

もし自分が解体工事を依頼しなければならない立場になった時、少しでも解体費用を抑えたいのであれば、余計なものを残さないというのが最も早い対策になります。

 

居住内の家具や荷物は、そのまま残さず手間でも細かくして家庭ごみに出したり、リサイクルショップやセンターなどに二束三文で買い叩かれたりするだけでも、大きく金額は変わります。

 

逆を言えば、そういう手間のかかる事も、費用が増せば解体業者が処分してくれるとも言えますね。

 

いつもは新築や改築の状況ばかり報告していたので、たまには変わり種をと思いアップしてみました。

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◎戸建賃貸経営◎ローコスト住宅◎新築省エネ住宅◎

 

ローコスト新築住宅(函館市、北斗市、七飯町、道南地域)

 

北の国建築工房株式会社   

 

北海道北斗市東前3−153

 

無料相談フリーダイヤル      

            リ ショ ク      フ ク リ
0120−049−290まで!

 

公式ホームページ http://www.kitanokuni.co.jp

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

建築予算について独り言

設計部長より

 

……本格的な冬になってまいりました。私は持病の影響もあって、現在車の運転を控えています。もう一か月以上前からバス通勤をしています。
以前に比べ、かなりの距離を歩かざるを得ず、太り気味の体型改善にも丁度いいのではないかと期待はしましたが……
結果大きな体重の減少はほとんどなく、代わりに足のふくらはぎが異様に太くなったという状態です_| ̄|○

 

こんな状態(?)なもので、業務内容も限定され、今は事務所で設計業を主に担当している状態です。

 

こんな状態で、今の私が皆様に少しでも有益な情報を発信したいと思ったとき、どんな内容の情報を発信出来るだろう。自分なりに考えてみて、最近は稼働する現場中心に発信をしてきましたが、もう一度私独自の内容のものを発信出来る様、考え直してみました。

 

今までブログなどにも何度となくアップしたことはありますが、設計担当である自分が皆様に伝えられる事として、今回は原点に立ち返り、建築計画を進めて行く上で一番最初に立ちはだかる壁。予算について自分なりに語ってみたいと思います。

 

 

 

いつも私の文章は、常に説明っぽくくどくどした感じで読んでいて飽きるとご指摘を頂く事がしばしばありました。もう少し硬すぎずを意識してみようと思います。

 

さて。今回は予算について一人語りをしてみますが、予算って皆さんはどのようにして大体これくらいと考えるでしょうか。

 

自分は上限どれくらい融資の借り入れが出来るのだろうか。その金額より少し減額した位の金額を予算として想定しようという考え方も一つでしょう。

 

今住んでいるアパートが、月に家賃いくら位だから、その家賃±○○円位の返済で借り入れた場合の融資金額を予算としようという考え方もまた一つ。

 

色々な物件を見て、平均これ位の総金額だから、大よそこれ位かな?という考え方も一つ。

 

予算を考える際の根拠は、人それぞれであり、一概に何が正解かなんて事はありません。

 

予算を気にせず、あれも欲しいこれも欲しいと夢を積み重ねていった結果、こうなりましたというケースも実際に存在します。こういったケースは一番理想的であり、我々のようなサラリーマンからすると羨ましい限りですが、ある程度の予算を踏まえた上で、夢や希望を上乗せした結果、どのような価格になるのか。その価格次第で予算をオーバーするのであれば、あそこを我慢、ここを我慢とマイナスの検討が必要となるのが、精神的には一番ツラいですよね。

 

しかし現実は最後のこのケースが一番こだわりの家に近づける手法なのではないかと、今になって感じます。

 

理由としては、最近のお客様の傾向として、一昔前に比べてご要望が変化してきていると感じるからです。

 

以前は1階に和室、2階には何部屋あって――というご要望が多かったのに対して、ここ最近はもっと細やかなご要望が増えてきているからです。

 

近年の建築情報誌やテレビの影響も強いのかもしれませんが、長年生活する居住ですし、こだわりにお金を割くのはよい事だと思います。

 

だからこそ、予算の想定は非常に重要になってくるんですよね。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◎戸建賃貸経営◎ローコスト住宅◎新築省エネ住宅◎

 

ローコスト新築住宅(函館市、北斗市、七飯町、道南地域)

 

北の国建築工房株式会社   

 

北海道北斗市東前3−153

 

無料相談フリーダイヤル      

            リ ショ ク      フ ク リ
0120−049−290まで!

 

公式ホームページ http://www.kitanokuni.co.jp

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

店長より

 

北斗市中野通K様邸工事状況更新です!

 

 

気密シート貼りの施工の様子になります。

 

 

 

壁、天井一面をシートでぐるっと包みこみます。

この作業が大事になってきます。

 

 

 

吸気口もきちっと気密テープで処理します。

 

 

現在の住宅は換気システムが必須となってい
ますが、この換気ただ機械を導入すればいい
というわけではないのです。

 

この換気システムは、建物の気密性能がしっかり施工されていないと十分な換気の管理
ができないのです。

 

まず気密とは、簡単に言うと建物と外部との隙間です。

 

この隙間が多ければ多い程気密性能が悪いということになります。

 

気密性能が悪いと、隙間がおおいので、換気で新鮮な空気を取り込み、汚れた空気を吐き出すといった換気本来の性能が発揮できなく
なってしまうのです。

 

さらにその隙間から空気が出たり入ったりしてしまうので、壁内の内部結露の原因となり木材がカビてしまい、しまいにはボロボロになってしまうのです。

 

このようなことから、弊社では気密工事は講習をうけた施工技術者による工事を行っています。

 

建ててしまえばわからなくなってしまう部分でありますが、手を抜くことなく工事をして安心してお客様にすんで頂ける住宅を今後とも提供してまいります。

 

 

近日ブログや、動画で詳しくお伝えしますので、是非ホームページでご覧頂ければと思います。

 

工事もどんどん進行していますので、

今後も七重浜Y様邸進捗状況をどんどん更新していきます!!

 

お楽しみに!!

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◎戸建賃貸経営◎ローコスト住宅◎新築省エネ住宅◎

 

ローコスト新築住宅(函館市、北斗市、七飯町、道南地域)

 

北の国建築工房株式会社   

 

北海道北斗市東前3−153

 

無料相談フリーダイヤル      

            リ ショ ク      フ ク リ
0120−049−290まで!

 

公式ホームページ http://www.kitanokuni.co.jp

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆