戸建て賃貸経営をご検討のオーナー様

662万円からはじめる新・戸建て賃貸経営

戸建て賃貸は、ニーズが高いが供給不足。

2008年の国土交通省の調査結果では、賃貸住宅は一戸建てが望ましいと考えている割合が、70%以上に上りました。
それに対して、賃貸住宅のうち一戸建て貸家は3%未満と少なく、しかもその多くは築古の借家が95%以上を占めている状況です。
戸建賃貸住宅は、法人の借り上げや勤務医、大手企業の駐在員などの需要も高く、アパート経営と比べて、空室率が圧倒的に低く、長期安定運用ができるメリットがあります。

 

 

希望する賃貸物件タイプ   賃貸一戸建て(新規供給分)のシェア
希望賃貸物件タイプ 矢印 新規供給賃貸物件
一戸建てが望ましいと考えている人が全体の70%を占めています。   新規供給される賃貸用のうち一戸建てはわずか1.3%だけ。

※資料/住宅新聞2008.3.11号掲載(国土交通省の調査より)

狭小地変形地でも土地活用が可能。

立地条件に左右されることなく、小さな土地(30坪前後〜)から建築が可能なため、これまで売りに出しても成約しない地形の悪い土地でも、賃貸住宅経営ができるようになりました。
ローコスト住宅をしているありがちな二棟からという制約もないので、一棟からの建築も可能です。
また、一棟だけ建てるには広すぎる100坪未満の土地をうまく活用し、最大三棟まで建築することができますので、土地を無駄にする事なく有効に活用することが可能です。

 

 

狭小地 旗竿敷地 変形敷地

資産分割が容易なため、相続対策もスムーズ。

共同住宅は一棟丸ごとでしか売却ができないので、相続のときに争いが起きたり、売却するときに利回りが低い物件は、安くなってしまうデメリットがあります。
戸建賃貸住宅は一棟ごとの売却が可能で、賃貸契約終了後には、一般市場価格で高く売却することができます。
また、賃貸入居者が住宅ローンなどを使い、直接購入することもあり、アパートのように損をする事なく売却ができます。
また、相続時には、遺産分割が容易なため、相続でよくある揉め事を回避することができます。
大増税時代において、何も活用しない不動産や現金を保有しているリスクは年々高まり、資産を大きく減らしてしまう恐れがあります。
貸家や貸家建付地は、評価を圧縮できるメリットがあるので、相続税対策に高い効果を発揮し、あなたの大切な資産を守り、後世に引き継ぐことが実現できます。

 

 

保有売却 戸建賃貸住宅なら相続対策も安心!

新・戸建賃貸住宅(セントマリアージュ)

 

新・戸建賃貸住宅(スタイルニュー)

 

お問い合わせへ進む お見積もりご相談等、お気軽にお問い合わせください 0120-049-290